2015-11-03_00013

内戦終了後、ドラゴンボーンはスカイリムのいくつかの地域に居を構えていた
それぞれの居に従者を住まわせ、山賊、野盗、盗賊やドラゴンなどの襲撃から
周辺の町や村を守ることで住民から大きな信頼を得ていた

しかし基本的に放任主義なので
仲間たちをほったらかしにして、
あちこち旅をしてばかり
一つの場所に長居するということは滅多になく
自由気ままな冒険を楽しむことが殆どだった

1

ホワイトラン周辺:エリジウムエステートにて

ガルマル
『ホワイトラン周辺にこんな家が建っていたとはな・・・』

リディア
『あら?ガルマル殿
お久しぶりですねぇ~』

ガルマル
『おお、リディアか
久しぶりじゃのぉ~』

リディア
『珍しいですね、お一人でこんな処にこられるとは』

ガルマル
『うむ、実はナディアに用があっての』

リディア
『ナディアに?
まぁこんなところではなんですから中にお入りになって』

2

リディア
『残念ですけどナディアはいまいませんよ』

ガルマル
『だと思ったわい
相変わらずの放任主義は治っておらんようじゃな』

3

リディア
『いつものことですから・・・ちょっと着替えてきますね』


4

リディア
『おまたせしました~』


5

ガルマル
『子供たちは元気でやっるのか?』

リディア
『ええ、ホワイトランのお家で2人で生活してます』

ガルマル
『リディア!子供たちまでホッタラカシなのか?』

リディア
『大丈夫ですよ。朝晩ちゃんとご飯は作ってあげてるし、
近いから目も届くし、放任主義ってことも二人はちゃんと理解しているので』

ガルマル
『しかし、いくらなんでもなぁ~』

リディア
『ガルマル殿、今日はそういうお話しで来られた訳じゃないんじゃなくて?』

ガルマル
『むむむ・・・そうじゃな
ナディアはいつ帰ってくるのじゃ?』

リディア
『たぶん二、三日くらいで戻ってくると思うんですけどね』

6

ルマル
『どこへいったんじゃ?』

リディア
『今朝がたドラゴンズリーチに』

ガルマル
『ほお~ドラゴンズリーチに』

リディア
『なんでも傭兵を募っているって話があって、それに参加するんだって』

7

ガルマル
『よ、傭兵?
なんでまた傭兵なんて中途半端なことしとるんじゃ?
あいつなら一部隊長どころか将軍職も就けるじゃろう』

リディア
『知らないですよぉ~そんなのぉ~
なんでも面白そうな人がいるとかなんとか言ってたけど・・・』

ガルマル
『まったくしょうがない奴じゃのぉ!』

リディア
『・・・』

ガルマル
『いやまぁ、
そうではない!
ドラゴンズリーチでは傭兵を募っていたのか?』

リディア
『ええ なんでも<死者の安息所>に強力な死霊術士がいるらしくって、
そこら辺の山賊や野盗を傘下にして根城にしているとか』

ガルマル
『なんじゃと!<ラビリンシアン>じゃないのか?』

リディア
『ああ~最初は<ラビリンシアン>って言ってたんですけど
調査したらトロルしかいないし、内部ももぬけだったって』

ガルマル
『なんてことじゃ!ウィンドヘルムに来る情報はいつも遅れておる!』

リディア
『しょうがないですよ、ホワイトランはスカイリムの中心
一番情報が集まりやすい場所
ウィンドヘルムは離れてますから』

ガルマル
『では、山賊どもが交易路を襲っているという情報は?』

リディア
『それは事実ですね。ホワイトラン→ウィンドヘルムの交易路は完全に塞がれてました
ただ、<死者の安息所>からはホワイトランを経由しないといけないでしょ
だから、そっち方面のどこかにもう一つ二つ根城があるんじゃないかって
もっぱらの噂になってますよ』

ガルマル
『ソリチュード方面は?』

リディア
『この間襲われました。だからウィグナーもやっきになってるんですよ
このままじゃマルかルス方面も危ないって』

ガルマル
『これはますますもって深刻じゃな』

リディア
『でも、<死者の安息所>がアジトだってわかったんです
そこさえ押さえてしまえば』

ガルマル
『しかし傭兵を雇わねばらんとは、ただならぬものを感じるの』

8

リディア
『始めは衛兵隊を送り込んだんですけど、
隊長含めて18名が死亡、奇跡的に2人が帰ってきました
ボロボロにされて・・・』

ガルマル
『なんてことじゃ・・・』

リディア
『やむなく傭兵を雇い入れて送り込んだんですけどね・・・』

ガルマル
『それでもムリじゃったのか!?』

リディア
『今まで2度、傭兵を雇い入れて攻め込ませているんですけど・・・
ことごとく失敗しています』

ガルマル
『2度も!』

リディア
『随分な手練れを送り付けたらしいですけど、帰ってきたのは二人だけ
一人は片腕を切り落とされ出血多量で瀕死状態。
もう一人は片足を折られて片手を切り落とされていたそうです』

ガルマル
『わざと生きて帰したのか?』

9作業台前画像

リディア
『彼らはともに恐怖におびえた表情をしていて、かなりのショックを受けたよで
口もきけない状態だとか』

ガルマル
『死霊術士は死人を蘇えらせ、自分の代わりに戦わせるのであろう
にしては随分とエグイやり方じゃのう』

リディア
『山賊たちにやられたのか
それとももっと別な何かにやられたのか
いずれにせよ彼らが話してくれないとわからないんですけどね』

9

ガルマル
『ナディアはそれを承知で行ったのか?』

リディア
『もちろん
普通の人ならビビっちゃって近づきたくないって思うんだろうけど
あの娘は逆に喜んでたのよね・・・』

ガルマル
『ため息しか出んの・・・』

10

ジョディス
『いんじゃない別に
ナディアが行けばあっという間に終わらせてくるでしょ』

リディア 
『あら、ジョディスおかえりなさい』


ジョディス
『あー私も志願すればよかったなぁ~』



ポチットお願いしますm(_ _)m